落合孝裕です。オチアイタカヒロって読みます。やりたい事します。


by tsdiz
カレンダー

<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

07”LD:亥。

交差点に
赤と白の三角形
交通標識。

『止まれ。』

知らないっ!!!!!!

『止まれ。』

止まらないっ!!!!!!

もうすぐ
この年が明けちゃいます。
輝きました年男。
また1回りした先の年を
楽しみにしています。

年の瀬。
泡塗れな猪がダッシュ。

大好きな人達と
酔いどれ師走乱舞。

踊らされてません。
踊っています。

最後の1秒までイエイイエイ。

そんな年末。
とても素敵な年末。

ちょっと
分からない事があって
言葉の意味を調べました。

喪中。

年賀状を出さない事?

喪に服すって何?

お正月に
挨拶してはいけないのが
喪に服すって事なのか?

………んんん。

きっと
それは表面的なモノ
きっと何か意味がある筈。
だから
言葉の意味を調べてみました。

喪:
人の死後、
1定期間、
親族は家にこもって交際を慎む。

服す:
受け入れて従う事。

あああ。
そうなんだ…
僕は不謹慎かもしれないけど
ねぇねぇ
"1定期間"
ってどれくらい?

お祖父ちゃんより
お正月の方が大切です!!
とか言ってる訳じゃ無いの。

ただ単純に
1定期間ってのは
どのくらいの期間なんだろう?

もしかしたら
決まりがあるのかもしれないけれど
調べ足りないのか?不明のままです。

お祖父ちゃんが
いなくなったのは
そりゃ悲しい。

でもね
年が明けるってのは
そりゃおめでたい。

お祖父ちゃんに挨拶をした様に
お正月にもきちんと挨拶したい。

『今年も1年よろしくねっ!!』

って今年もよろしく挨拶したい。

正月は正月で大切。
祖父は祖父で大切。

双方とても大切。
大切を天秤にかけません。
どちらも大切。
種類の違う大切。

だから考えてみました。
1定期間について
あくまで落合が決める所の
勝手な1定期間だけれど。
落合がこの“キマリゴト”に
納得して気分よく年を越したいからね。
考えてみました。

ちゃんと挨拶をして
ちゃんとお別れが出来たのであれば
それは喪に服した事になるんじゃ無いのか?
って、思いました。
それは忘れるとか
もう良いと言う事じゃ無くて
故人を、大切な人をちゃんと胸に刻み込めたら
それが喪に服す事になるんじゃ無いか?
って、思いました。

僕は、お祖父ちゃんに
きちんと挨拶が出来たと思う。

だからね
もうすぐ来る新しい年に対して
気持ちよく挨拶をしようと思います。

明けますよ!!
明けますよ!!

今年も皆さんタイソウお世話になりました。
沢山の出会いがありました。
今までの友人とも仲良くすごせました。
悲しいコトもありましたが
落合は良い意味で強くなれました。

とても良い年でした。

もうすぐ来る年も
今年の様に素敵な1年になります。

だからとても楽しみです。

またね、myスタンド。
1回りしたらまた1緒に暴れよう。

本当にとてつもなく
すんげえすんげえありがとうございました。

感謝が足りない程、素敵な1年でした。

それでは皆さん良いお年を。

12/31 年男 落合孝裕。
by tsdiz | 2007-12-31 22:50

ドロンパ。

落合の頭上で渦巻いていた黒雲が晴れました。
落合の心中に漂っていた濃霧も消えました。
落合の足下で蠢いていた泥水も引きました。

僕は自由だっ!!!!!!!!!

もう誰の指図も受けねぇぞ!!

今、空気よりも軽いです。

超、平和ッ
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

きゃっ♪

何かとてつもない
ピンチが訪れた時に
素直に助けてと言えるのは
とても可愛い事だと思います。

よく知ってるんだけどさ
落合苦手なんです。
そうしたいのに何だか出来ない。
どんなに仲がよろしくても
呑みに誘う事ですらイチダイ決心なのです。

ああ、みっともない。

変なトコで甘えるくせに
甘えるべきトコで引く
大馬鹿さんです。

ごまん…

飴をくれる大人に
本当はとてつも無くそれが欲しいのに
全力でイラナイと強がっていたのが
子供落合です。

かまん…

終電を逃しても
『丈夫な足がありますからっ!!!!』
と駆け足で24Hサウナへ。

うわぁ〜

自分、不器用ですから。

多分臆病なのです。
成長してない。
嗚呼、可愛くない。

最初から
素直に甘えていれば良いのにね。
逆に失礼極まり無いぞ。

だから可愛くないのです。

腕を広げて受け入れ準備万端な先輩方に
素直に抱き着けないくせに
中途半端に抱き着いて
更に面倒かけるタイプの落合です。

ごまんなさい。

今年もヘタクソでした。
迷惑も絶え間なくかけました。

これからも
小出しに抱き着かせて下さい。

おいっ!!

みんなあんがと。
超超超超、超感謝。

もう少し色色な事に器用でいたい。

ぬああああああああああああああああああ…ああ。

今回、もう消えないと思っていた
真黒い雲を消し去ってくれたのは
そんな皆さんの御陰様でした。

1人で強がる落合に
嗚呼、みんな何て優しいんだろう。

落合を守ってくれた
周りの素敵な先輩達に感謝が溢れて止まりません。

超好き。

溢れて止まらないので歩いてみました。

駒大から三茶って
1本道なんだね〜。

時間もあったので
ゆっくりブラブラ
寄り店しながら
三茶へ向かいました。

三茶につくと
下北に吉村氏がいるとの事で
散歩距離延長。

三茶から下北って
1本道なんだね〜。

徒歩移動。
っていうと大変そうですが
散歩。
って言うと素敵な感じがする。

下北へ散歩。
ほらなんか素敵。

散歩は気侭なモノです。
気侭に考えてみました。

何を考えたかと言うと

“メリクリ”

ピンポイントでメリクリ。

“メリクリ”
が何故暴力的な言葉に感じたのか?
考えてみた訳です。

【メリケン☆クリック】

そう絶対にそう。
落合が“メリクリ”から連想する言葉。

落合さんの極勝手なイメージで
“メリクリ”が
☆メリークリスマス☆
に繋がらないからいけなかったのです。

メリークリスマス。
僕の中でとても可愛い言葉です。
響きがね、あくまで響きがね。
でも、
メリクリになったとたん
可愛いイメージが吹っ飛ぶんですよ。

何故だろう?
何故かしら?
悩んでみても仕方ありません。
だから無駄に考えてみました。

あくまで落合の勝手な偏見と価値観の問題なのですが…

メリー♪は
“メリ”が伸びるから可愛く感じる訳で
“メリ”が伸びないのであれば
もうそりゃあイカチく響くのです。

メリッ!!

クリスマスだって
クリで止めるから
なんだか落合ん中でXmasっぽくなくて
なんだか右手でポチッと押したくなるのです。

クリッ!!

『早く走ります。』

“ハヤハシ”
と言ったところで
林さんと高橋さんのダンスの様で
意味が分かりません。

んんん
その様な事を
申し上げたところで
さぁ
メリケンクリックに意味があるかと考えてみましたが
その様な言葉は聞いた事が無くて

あっ…
…あったらどうしよう。

インターネットで調べます。ちょっと待ってね。

今検索しましたところ
【メリケンクリック。】
意味は見つかりませんでした。

ほらっ!!

意味があるなら教えてよっ
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

意味なんてイラナイもん。

暴走ですね。
失礼。

んで
そんな事考えながら
下北に着いて
吉村さんとお茶しばいてました。
楽しい。
嬉しい。

帰り際に
NのSさんにもバッタリ逢えて
僕、幸せ。

磁石じゃ無いよ。
長身小顔の男前さんです。

ワキャワキャしてしまいました。

年末は忙しい。
アホみたいに忙しい。

今日ファンカの
忘年会、間に合うかな?
確実に遅刻だ。
メールします。

師走、幸す。
by tsdiz | 2007-12-27 18:44

キヨシコノヨル。

街、輝いてますね。
みんなウキウキなんでしょ?

僕は昨日
大好きな人達と
ケーキ食べたり
シャンパン呑んだり
プレゼント交換したり
夜な夜な語り明かしたり
XmasらしいXmasをすごしました。

メリークリスマス。

♪メリクリ♪
なんか暴力的な言葉に聞こえてしまうのは僕だけでしょうか?

★HMX★
黒とピンクのCDshopみたい。

Happy
Merry
Xmas

頭文字をとって
★HMX★

僕は頭文字だけを書き連ねるのが好きです。

友人の間で誕生日会があると
真先に僕はケーキ買う係から外されます。

何故かと言うとね
塚本氏では無い方のTJ氏の誕生日会で
僕はケーキ係になったんです。
ヨキトコロでケーキ登場。
部屋の電気を消して
ロウソクの刺さったケーキがゆらゆらと真っ暗だった部屋に登場します。

『ハッピバスデイトゥユゥ〜♪』

なんて歌って
TJ氏が火をね
溢れる思いと共に
消してやるぜの勢いで
頬をパンポアンに膨らましたと思ったら

『んッ!!?』

…………………………………!!?

ケーキの火も消さずにジッと考えてるんですよ。

『ロウソク垂れちゃうよ〜。』

どうしたのかなと思ってましたら。
ニヤリと笑って

『おいっ落合ッ!!!!!!!!
 ケーキ買って来たのオマエだろッ!!!!!!!!!!!!!』

おっ御名答っ!!!!!
兄貴、何故分かったっ!!!!!!!!?

『ケーキのプレートに何書いてんのか分かんねぇんだよぉッ!!!!!!!!!』

すんません。

よくさ、誕生日ケーキにさ
チョコレートの看板でさ

“ともおくんおたんじょうびおめでとう♪”

とか書いてあるじゃない?
あれねケーキ買いに行くとさ
店員さんに

『プレートに書く文字をご記入下さい。』

ってねマスメのついたメモ用紙渡されんのよ。
僕はさ、いつもの癖でね、
てかスタイリッシュだと思ってね、

 “☆26th☆”
“☆☆TJHB☆☆”

ってお願いしたの。
TJさんお気に召さなかったみたい。

“☆TJ氏、26歳の誕生日おめでとう☆”

って意味でね、ごく普通にね。
でもTJ氏的には創立26周年みたいだと罵倒されました。

『暗号か?暗号なのか???
 スパイの誕生日会かよッ!!!!!!!!!!!!』

などと連なる罵倒に身を縮めました。

いいじゃん。
かっこいいじゃん。

寂しかったな〜。

最終的には鉛筆みたいだなとまで言われてしまいました。
おっ!!流石、美術科!!

だから僕をケーキ係にはしないで下さい。

いいじゃんね。
良くないのか?
名指しで叫ぶこたねえだろ。

混沌とします。

だから僕をケーキ係にはしないで下さい。

反省はしません。
万が1、また僕がケーキ係になった暁には
畜生、僕はまた繰り返してやる。

とはいえ
TJ氏最終的には

『お前らしくて良いっ!!!!!!!!』

といって
頭をヨシヨシしてくれました。

おっ!!つまり正解だったって事で納得。

がっ!!それ以降ケーキ係が回って来ない理由が分からない。

非力かッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?

当分ケーキを食う様な事は無さそうだな。
久しぶりのケーキはスコデマ美味しかったです。

あっうち昨日の飲み代払って無い。
すっかり忘れてたけど思い出せて良かった。
電話、電話、電話!!!!!!!!
最近、奢ってもらってばかりだから
昨日こそは払わなきゃって思ってて…

電話、電話、電話!!!!!!!!

落合の携帯、緑色。
超、クリスマスっぽいっ!!!!!
皆さん、
まだ今日はクリスマスです。
まだまだもう少しクリスマスです。
各各の祭を楽しんで下さい♪

僕は夜にXmasな舞台観に行きます。

御1人様、聖☆Xmas。

寂しくなんかない。
寂しくなんかないぞ。

いえ〜い。
by tsdiz | 2007-12-25 14:49

黒いコート。

舞台は地方都市。
8年前に終わった御話。

ひとりの真黒い男の人が
ひとつの真黒い飴玉を
僕にさしだします。
僕はそんなモノは要らないので

『どうか自由にして下さい。』


男の人にお願いをしました。

男の人は大変御立腹して
僕の中に真黒い飴玉を
無理矢理に捩じ込みます。

真黒い飴玉は
僕を真黒くして
僕を自由とは反対側の世界に
走らせてしまいます。

全く使い物にならなくなった僕を
真黒い男の人は満足そうに眺めてから
山の中へ捨てに行きました。

山の中で目覚めた僕は
不自由な身体を無理矢理に動かし
見知らぬ山道を下へ下へと這って行きます。

1日をゆっくり
山を下りながら考えますが
真黒い男の人の顔が全く思い出せません。

罰は罪を超している事があります。

均きり考えてみても
何ひとつ浮かんでは来ません。
答えなんてきっと最初から用意などしていないのです。

罰を与える資格を
勝手に授かってしまった人は
自分の欲望にとても忠実で
全く私的な判断で全てを殴り倒します。

とても痛い。

ひとりの真黒い男の人は
ある日全く予想もしない御日柄に
真白い薄く四角い使者をよこして

『行き過ぎた様です。
 ゆっくりと御休みなさい。
 世界は貴方の自由にしなさい。』

と僕に伝えます。
使者が僕に伝えたとおり
僕には自由が訪れますが
その時点で既に
僕の失ったモノは
僕には見つけられない程
遠い何処かに行ってしまっているのです。

あれから
8年が経ちました。
まさかの続編。
登場人物は同じ
何の予告も無しに
ひとりの真黒い男の人が帰って来ます。
次の舞台はテクノポリス。
架空の都市で街はとても冷たい。

アブリダシの様に
真黒い男は僕の前に現れて
僕は8年振りに真黒い飴玉を捩じ込まれます。

恐怖の種です。

僕はフラッシュバックして
雨の中をもがきながら
安息の場所を探します。
きっと見つかる事は無いけれど
きっとこれは僕に訪れた罰なのですから
明日くたばるかもしれない心配をする前に
僕は完璧な四角を見つけて
そこに体を隠さなければなりません。

現実を見るのがとても恐ろしくなります。

寒さと睡魔に負けて
僕はよく分からない場所で目を覚まします。
団地の階段であったり
24Hのファーストフード店であったり
麻痺する体で
僕は真黒い男を考えます。

大切なモノを無くさない為に
無くなりすぎた後に終らない様に
武器は持たずに
僕は立ち向かう姿勢です。

『約束だけは守って下さい。』

僕の望みはとても小さく今はまだとても弱い。

クリスマスの意味をあまり理解していませんが
クリスマスはとても幸せなイベントの様に感じます。

家族でチキン食べたり
恋人とケーキ食べたり
友達とビール飲んだり

人それぞれ
その根本の意味は知らなくても
色色な祭をするのでしょ?

街もやたらと飾り込んでいて
キラキラキラキラと輝いています。

Xmas週間に読むには
なかなかエグイ本を選んでしまいました。
まさかね続編が出るとは思ってもいませんでした。
8年前見事に高校生の時に読んだ本です。
完結したと信じていたし
続編なんて全く望んで否かったのだけれど
これを読まなければいけないんだよな…

嫌だな…

間に合うなら
幸せな絵本を
買いなおしたいです。

読みたくないなら読まなきゃ良いんですけどね。

駄目らしいです。
他人様の迷惑にならない様に気をつけます。

立ち向かい方は様様ですが成功するのかな?
残りページはまだまだありそうですが
ハッピーエンドを求めているので
ポジティブにページを捲ろうと思います。

眠気を覚ます為の珈琲は
とっくに効果が切れています。

馬鹿みたいに時間が冷たい。

師走はね。
仕方無いよね。
僕は"師"ですらないから
そりゃあもう
師の何百倍も
息が切れてもなお
走り続けなければいけないのです。

まっ大丈夫。

溢れる位、
ゆっくりと
安心して眠りにつきたいです。
by tsdiz | 2007-12-23 20:01

アベヒデブベラ。

最近元気が無いね。
と言われます。

最近上手く笑えません。

覇気が無いぞともお。

あっ!!ともおっ!!!!!!

……………ニヤリ。

痛ッ!!!!!!!!

ヘコムゼ。

時間が足りなすぎて
時間が無くなれば良いのに
なんて思うか畜生。

言っちゃいたいけど
言っちゃうと愚痴になるから言えない事が
積もり積もって
あへあへ。

もうね
チーズバーガーです。

言っちゃってもOK的な
言い方を模索する前に
言っちゃった方が
楽なんだと思いつつ
僕は金庫に住みたい。

あっ冗談。
してからに下段。

べいべえ。

金庫に住みたいと思った理由は
完全に防御されている気がしたからです。
しかし
実は中から開ける事が出来ないらしく
それじゃ落合が望んでいた防御とは真逆で
完全拘束じゃねえかっ!!!!
と…あらまぁ自分にゲンナリ。
嫌ッ!!!
それはなんつったって自由には程遠いと気付かされました。

吉村さん
自分から言っといてなんですが
やっぱり僕は金庫には住みたくないです。

最近元気が無いね。
と言われます。

最近上手く笑えません。

覇気が無いぞともお。

あっ!!ともおっ!!!!!!

……………ニヤリ。

痛ッ!!!!!!!!

ヘコムゼ。

リピートした理由は明確です。

元気が無いと思われている現状。
それなんでかっ??

笑うと痛いからです。
笑うと裂けるからです。

何がって??

明確だろ。

唇だよぉ。

元気が無いのではなく
元気が無く見えるのです。

唇を庇おうとすればする程
顔が強張ってハニカミ。

そりゃぁ元気が無い様に写るのでしょう。

バサバサってよりは
パサパサ。
バサバサを超えた
パサパサ。
いよいよ末期ですが
末期なのは唇程度で
私、至って元気です。

……程度?
………唇…程度?

唇さんに失礼じゃろコラッ!!
なんてコレッポッチも思っちゃいません。

『唇位守っていこう。』

落合
この冬のスローガン。
嗚呼崩れてしまいそうさ。
唇すら守れない落合は
いったい何を守れるのでしょうか?

不安でイッパイニッパイです。

やだな〜
唇痛いな〜

リップ塗る事がもう痛いです。

痛すぎて放置したい。

最終兵器:寝ラップ。
窒息死しないか…
食べちゃったりしないか…
朝、ラップが行方不明とか…
ねぇ、心配です。

バンカイに向けて頑張ります。

僕が今
小学4年生だったら
唇が痛い事を理由に
宿題しません。

でも牛乳は買いに行けます。
実際には行きませんが
そんな良い子でいたい。

そういえば
小学2年生の時、
ひろみちゃんが
ヌカドコを維持っていて
僕は臭くて臭くてもがいていました。

『臭すぎて宿題が出来ない。』


1頻り嘆いた僕に
ひろみちゃんは声高高と笑っていました。

宿題の作文に

【臭くて何も考えられない。】

という類の事を
何の目的も無く
ずっとずっと書き続けていた事を思い出しました。

あの作文どっかにあるのかな?

答えはチョコモナカ。

んで
臭いと言えば
小学5年生の時、
清孝さんが
銀杏を拾ってきて
家のベランダに並べていました。
僕は性懲りもなく臭くて臭くてもがいていました。

『臭すぎて息が出来ない。』


1頻り嘆いた後に
イジワル顔の清孝さんに

【貴様は銀杏食うな。】

という
今考えれば正面な挑戦を受け
頑固な落合さんは
ずっとずっと清孝さんの前では
銀杏なんて食うかっ!!
と強がりながら生きてきました。

本当は
ストーブの上で焼いた銀杏を
食べたくて食べたくて
仕方が無かったのです。

今度、
清孝さんの前で
銀杏を食べて
あの時はごめんねって言おう。

多分、言えないけど。

何だよ。

強情ッ張りなんです。

なぁ??

兎に角、
唇が痛いのです。

元気が無いのではありません。
世界をあきらめたりしません。

僕は只、唇が痛いのです。
by tsdiz | 2007-12-18 22:18

JSWS.

最近の口癖。

『俺、スゲェから大丈夫。』

えっ??
聞いた事無いって??

当たりめぇさ。
だって1人の時しか言ってないもん。

普段自分の事を"俺"と言わないので
確実に景気付的な台詞的な口癖です。

僕大丈夫じゃないので
こういう暗示をカケテいきたい方向です。

いえ〜い。
弱気。

最近やたらと下北沢にいます。
1週間位連チャン。
用事がある時もあれば
用事がない時もあって
まっ大抵用事があるから行くんだけど
別に下北な必要は1切無いのです。

先週の水曜日は
飴ちゃんを沢山貰った先輩と
カレーの類の食生活が続いている先輩とで
晩飯を食べに行って来ました。

飴ちゃんを沢山貰った先輩は
僕にも飴を分けてくれて。
なんだか飴って美味しいですねとシミジミ。

カレーばかり食べてる先輩は
もう本当に大丈夫かしらと思う程
カレーまみれな毎日でしたが
カレーまみれな毎日なのですから
どんどんカレーにまみれた方が
きっとスキルアップブラザーな筈です。

カレーライスに
カレーうどん
バージョンアップで
カツカレー。

1体全体
人は何故そこまでして
カレーに向かうのでしょうか??

いつだったか
吉村氏が家に来て
腹が減ったと言うので
棚に食料がないか
探してみました。

レトルトのカレーがあったので勧めると
オヨバレたいとの事で
レンジで温めました。

ライスも勧めてみましたが拒否し
カレーだけをスプーンで啜りながら
御満悦な表情で
『だってカレー旨いじゃん。』
と言った時の吉村氏の表情が
今でも鮮明に浮かんできます。

RE:
折角なので
カレーを重ねていただきたい
と言う事にして
飴ちゃんを沢山貰った先輩に
仲間内で評判の
スープカレー屋に連れて行って貰ました。

相当旨いらしいです。

店の前で店を存分に眺めてから
カレー先輩オススメの
餃子屋で晩飯をいただきました。

え〜。

マジっすか〜。
マジっすぱ〜。

大評判の
スープカレー屋
まんまと定休日でした。

いえ〜い。

いいんです。
目当ての食事にありつけなかった事により
今度また行くという楽しみが蓄積されたんですから。

行くまでのウキウキを
必要以上に楽しみました。
食べてしまったら
味を知ってしまうので
この種類…
つまり"食べてみたい"のウキウキは
初回限定特典です。

食べれなかった事により
この楽しみが
また次回も継続されるのですから
おお、それはとても素敵な事じゃあないか。

という気の持ち方で…

いえ〜い。

美味しい餃子も食べれましたからね。
全く問題無いのです。

心残りと言えば
カレー先輩の
カレー留めをしてしまった事でしょうか…

根本を正せば
楽しい人と1緒にいるだけで
落合さんは御満悦な様子。

大好きな人としか
行動を共にしないので
結局いつも御満悦。

計画性は無くても
大抵世界は楽しんで進めます。

親愛なる塚本氏の言葉を借りましょう。

昨日、今日と僕は
"ストイック"な現場で
自分と闘っています。

『解らないよぉ〜。』
『恥ずかしいよぉ〜。』

と嘆き過ぎて
自分が大き過ぎるお荷物の様に感じます。

その考えの方が逆に
大き過ぎるお荷物である事を
僕は激しく理解しているのですが
だからと言って改善されるかと言ったら
そうでは無い様です。

あぁ、なんて不器用なんだろう。
あぁ、なんてセンス無いんだろう。

不甲斐無いや。

この様に書き上げると
語弊が生まれまくりそうですね。
愚痴の塊の様ですが
その様な類いの言葉では有り得ません。

参加出来ている事がこの上なく嬉しい。

僕はどんな状態でも
良い意味で脱力した状態で
ただただ自然にそこに居たい。

デンデンデギダイ…

泣きも入る訳です…

完全にパニック…

こんな時こそ
自己啓発な口癖が必要です。

『俺、スゲェから大丈夫。』

凄くない事は重重承知です。
by tsdiz | 2007-12-16 14:54

かごめ。

乗物酔いは余りしない。
記憶に或るところでは全くない。

そんな落合も
激しく酔う事があります。

何かっていうと。

【活字。】

酔うだけに限った事ではありません。
読んだ活字に影響を受け易いのです。

今日読んだ活字は激しく落合を襲い、
再起不能になるのではないかと自分を心配しました。
見事に8年ぶりです。

とても恐ろしかった。

もう前も見えない程
青ざめて
立暗みやら
吐気が激しく襲いかかってきました。

図太く見えて意外とナイーヴです。

悲しい本を読めば悲しい落合になるし
楽しい本を読めば楽しい落合になります。

ナイーヴに見せておきながら単純です。

今日読んだ激しい活字は
全く理解しがたい狂喜な世界でした。
主人公の男は籠の中の鳥。
周りをグルリと囲んだ男や女が
手を繋いでグルグルと男の周りを回るのです。

そこは現実か妄想なのかが
イマイチ分からない異様な世界で
読み終わった落合さんは
とてもじゃないけど
世界を直視する事が困難になりました。

前が恐けりゃ
後も恐い
右が恐けりゃ
左も恐い

すげえ影響力。

夜道に動く物があれば
きっと体を震わせて
陰に隠れるのです。

弱ぇ〜。

映画でも小説でも
オバケ的な怖さは我慢出来るのですが
人間が関わる恐さは我慢しづらいです。

イヤだぁ〜。

その活字の舞台は
その男の部屋なのですが
どうも分かりづらい設定で
実際、男が何処に居るのかが分かりません。

分かっているのは
男は自ら籠に閉じこもり
見えない存在におびえている事位なのです。

見えない存在は
耳を塞ぐ隙も与えず
男に甘い言葉を浴びせます。
しかしそれはただ甘いのでは無く
夥しい数の毒がしこまれていて
過去にあった色色を
嫌な色の色色を
容赦なく今の自分と掻き回される様な
起爆剤の様な毒です。

男は部屋に帰る事すら侭ならづ
ただ自分を守る為に籠の中に閉じこもるのです。

世界で1番安らげていた場所が
世界で1番恐ろしい場所に変わっちゃうの。

絶対否ぁ〜。

今日僕は久久に家に帰りました。
ぶり返すぜぇ〜。
恐怖ってば1人を狙っては膨らむ物です。

男に同情する間を与えず
落合さんは激しい恐怖に襲われました。
ちょっとね落合さんの説明ではあの恐さを
みなさんにお裾分する事が出来ませんが
多分ねそんな物はお裾分しない方が良い筈ですから
多分、伝わらない位が丁度良いのです。

男は途中で踏ん切りをつけます。
立ち向かうのではなく
自分の生活を取り戻そうとすんのね。

ただ
いつもの生活をする事が
激しく恐ろしいの。
恐怖との戦いです。

道歩く事が恐怖。
自分に置き換えただけでゾッとします。

最終的に男はどうなったのか
僕はまだ知りませんが
出来ればもう読みたくないというのが本音です。

求:ホッコリする様なコメディを。

理由のあるクシャッは
場合によってとても残酷です。

楽しい事は沢山待ってるぞっ
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

みなさん、
本当にごめんなさい。
by tsdiz | 2007-12-14 23:55

ミズイロ。

路上っ!!!
やぱり面白かたです。
すげえパワアです。

朝起きて

寒ぃ〜
寒ぃ〜


部屋で
ノタウチ
回りましたが
意外と外は
日が出ていて
暖かかった。

ほっこり。

でも
やっぱ日陰は

寒ぃ〜
寒ぃ〜

の境地で
リオン君と
ヒナタを探し
右往左往しました。

超ロコモコッ!!!

あのね
全然ね
話変わるけどね。

超高層ビルをみた時に
あの最上階の窓から
空を眺めたら
空と同じ目線で
空を眺める事が出来るのかな??
なんて考えたんですよ。

恐れ多いですね。

頭も上げず
まるで同じ背高の人と話すように
空を眺めましたが
全く目線は合わず
しかし冷たいという訳でもなく
空はとても優雅で
帰り道、何となく見上げた時と
何も変わらず
寧ろそれ以上に
只、広い空が佇んでいました。

屋上に寝っ転がって
空を見上げた時も
その建物の高さ分
空に近づいた気持ちになるのかと
期待していましたが
実際、地面に寝転んで見た時と
多分変わらない距離で
只、高い空が浮かんでいました。

キリトリ線は明確でも
ドコで切るかは自分次第で
地面に足を着けていても
やたら高い所に自分が位置していても
自分の中で自然に愛せる
偉大なモノはきっと揺るがないのです。

空すげえな。

なんだか周辺が騒がしい。
決して近くはないけれど
触れそうな距離が
なんだか慌ただしい感じ。

空見上げてるだけで
びっくりする程落ち着きます。

空すげえな。

僕は
空ではなく人なので
それもびっくりする位
小さな人なので
なんともこんとも
僕が思うイメージで
空の様に
飾らずに
その日の気分で
自由に
安らかでいたい。

幼い頃は
雲に乗れると思っていました。
乗れるのが当たり前で
いつか乗りたいと願っていました。

少し大きくなって
それは通常出来ない事だと知りました。
掴んで持ち帰れない事を知り
空に浮かぶ雲を見上げると

あれは何なんだろう?
あれは存在するのかな?

何だか不思議な気持ちになりました。

手に届かなくても存在します。
だってそこにあるんだもん。

乗ったり運んだり出来なくても
触れられなくてもそこにいる。

多分、とてもシャイなのでしょう。

もし雲が寒さを感じないのなら
僕は雲になって流れていきたい。

そして
湖の上で霧になりたい。

海水は塩辛いから
空に泳ぐ魚になりたい。

何言ってんだ、アンタ…??

チグハグ位が
丁度良いのです。

空ってのは
自分の姿が写らない鏡の様です。

まるで自分を見ている様で
おかしな気持ちになります。

なんだか
落合、昨日と違う自分みたい。
寒さの所為でしょうか?
やっと少し自分にしっくりしてきました。

自分の中の
自分で気付いていなかった
色色を少しだけ肯定したら
何だかここ1週間
やたらと僕につきまとっていた
真っ黒い何かが
ふわっと流れていった気がします。

気持ちが軽い。

まだ余韻はあるけれど
落合、何だかすっきりしました。

多分ちょこっと成長したんじゃないかな?

ガーキッ!!
ガーキッ!!

ゴルアァッ
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

悶えたりしません。

とりあえずカルイ。
みるみるミガル。
いいでしょ??

とても素晴らしい事です。
by tsdiz | 2007-12-10 23:55

ブッチ。

終演後
会いたい役者が
人気であればある程
どこで
待ってたら良いのか悩む。

激しく悩む。

悩んでいても仕方無いので考える。

邪魔にならない場所で
でも目に付く場所だと

『あっ待っちょる…』


気にさせたら悪いし
激しく気まずい的な…

空間処理能力が乏しい落合。
世界のどこに
自分が立ってりゃ良いのか…
激しく苦悶する訳です。

昨日
目白に舞台を観に行きました。
本当にね、とても楽しかった。

最近観に行って後悔する公演が無いから嬉しい。

男の友情。
友情を超えた絆。
………んんん。

今回の舞台こそ
落合が感想書いたら
嘘っぽくなりそうなので…
激しく感激をした事だけで
その気持ちは文字にせず
心の中に仕舞っておきます。

ヨカタヨ〜ッ!!!

本当は
夕方からね
誘われていた
3月の舞台稽古に参加しないか??。
と連絡を貰っていたのですが
でもね
色色を白黒考えて
出演しない事に決めました。
出演しない事を決めたのに
その稽古場に行くのは

『おいテメエ何しに来やがったッ!!!
 ヒヤカシなら帰っておくんなッ!!!』

的な失礼があるんじゃないかと思い
自主規制した訳です。

モヒトツ付け加えるなら
もの凄い好きな人達が作る舞台だから
自分の中でははっきりと決めたんですけどね
稽古場に行ったらやりたい気持ちに支配されるのが
自分の中で明白だったのです。

だから
稽古場に行くのをやめました。

でもね
やめたのに
家にいたら
稽古場に足を運びたい欲求に
駆られてしまうと予測しまして
今日行こうと思っていた舞台を
昨日思い立って行ってきたのです。

OM氏、
開演3時間前の予約
受け付けてくれて本当に
ありがとうございました!!!

そう
つまりはOM氏所属ユニットの
舞台を観に行った訳であります。
旗揚げ公演っていうの??
1発目ッ!!!!!!!!
とても楽しんだので
次回公演が楽しみです。

OM氏との出逢いは
前前前回の稽古場が
何組も稽古が出来る施設で
沢山の座組が稽古してるんですが…
その中の1つに出演する役者がOM氏でした。
稽古場は完全に個別空間なので
他の座組の人と顔を合わせるのは廊下位です。
そんな中で何故知り合えたかと言えば
接点が2つありました。

①OM氏出演の舞台に兄のTJ氏も出演していました。
②その時落合が共演させていただいた愛しの兄貴UT氏とOM氏が仲良しでした。

…というね
なんとも不思議と接点が重なった訳です。
世界は繋がってんなぁ。
超ラッキーでした。

ザ☆出逢い。

御縁です。

とても
笑顔が素敵で
ルックス抜群で
しかも面白い。
落合悶凄く好いている人です。

素敵な人ってのは
きっと世界に沢山いる筈ですが
例え1人だとしても
身近にいる人が
とても素敵だという事は
当たり前すぎる事言っちゃうけど
世界に何人もいる筈の素敵な人より
最高で嬉しくて万歳な贅沢です。

ヒャッホイッ!!!

この日記にも
よく登場する
姉のTM嬢は
僕の住んでいる駅から
数駅離れた所に住んでいます。
僕はよく姉の住んでいる駅で途中下車します。
夜遅くまでやっている本屋があるからです。
1寸寄って帰る位の気分で降りるのですが
面白い位、バッタリ遭遇します。
何1つ連絡もしてないのに遭遇します。

いつもね
連絡しようかな…
でも夜遅いしな…
と考えているとこで遭遇すんの。

こんなにも
毎回毎回遭遇出来るのは
偶然ではなく
お互いが何やら何かを
受発信している所為ではないか??
と思ったりします。
今のところ百発百中。
寧ろ
そうだと考えた方が自然。

なんだか縁を感じます。
勿論、縁を感じます。
素敵だぜ世界ッ!!!

今日は
KG、今年最後の路上です。

5〜7日
連チャンKG稽古乱入。
なんだかんだで3連チャン。

お手伝いするつもりで行ったのですが
踊れないタイプの落合は逆に邪魔ではないかと不あ…
非力サポーター落合。
ごまんなさい。
非力に嘆く僕に
みんなが優しくて嬉しい。

“Kitty-Guys”

凄く刺激になります。
凄く元気になります。
いつも前向きでダッシュな感じ。
嫌でも元気になる。
勿論嫌では無く、とても楽しい。
素敵です。
とてもオススメ。

元気が無いならKGを見ろッ!!!
落合は全力で応援してますッ!!!

あっ!!成る程ッ!!
手伝うと邪魔になるので
応援するのがベストかもしれないね。

うわ〜
そんなん駄目ッ!!
非力を肯定せず
不器用なりに努力し尽くします。

散散邪魔をしてしまった
この3日間、多少の責任を感じる…
稽古の成果をしかと見届けて来ますッ!!!

何様だよ貴様ッ!!!!!

なんちゃってへ。

へへへ
ただ単純に楽しんできます。
元気貰っちゃってきます。

にしても
早ぇ〜
してからに
寒ぃ〜

防寒レベル上げます↑↑↑

アイダフォ〜。
by tsdiz | 2007-12-09 09:36

うろん。

許嫁にダッシュで逢いに行く。
逢いたい気持ちで猛ダッシュ。
涙の再会…

我が許嫁。
石山ハミングバード柚
11月29日生まれの1才
赤子の登竜門
人見知り期間入りました!!!

いえ〜いッ!!!

えっ…と…
涙の再会とは
若干意味合いが
違うのではないかって…?

いいの。

惨敗…?
許嫁資格失格…???
気付く前に伏せろ…??????

聞こえない。

大丈夫!!!
姉がね言ってた。
大切なのは愛情だって。

大丈夫!!!
母ちゃんが言ってた
もう少しで人見知り終わるからって。

そうなんすよ。
石山メランコリ二スタ柚
落合の顔みるなり
急に不安な顔になりまして
うわ〜っと泣き出してしまいました。

ごめんよ。

オロオロする落合。
罪悪感でいっぱい。
ただ存在に失敗。

この間
誕生日の我が許嫁。
プレゼントは緑の包み。

泣き止まない…
渡しづらい…

そっと
プレゼントを
椅子に置きつつ…
柚に小声で
ナピバスデイ…

そして
三浦嬢から
素敵な御指摘。
『髭じゃねぇ??』

髭か…
そうか髭か…
とりあえずマフラーで
顔を隠し始める落合。

佳奈嬢のママヂカラにより快方へ。

………なッ!!!!!!

1抹の不安。

クリスマスな季節相まって
誕生日プレゼントは
赤服の老人。
腹樽型のヌイグルミ。

ダメーッ!!!
そん中には
落合より立派な髭面ッ!!!
待って〜ッ!!!
阻止、リバース泣きっ面ッ!!!

時、既に遅し
プレゼントは柚の手に…

ドキドキ…

泣かない…ッ!!!
やった〜っ!!!
ニギニギしてる〜っ!!!
万歳〜っ!!!

落合をチラ見する柚。
不意にリバース泣きっ面ッ!!!

ごまんなさ〜いッ!!!

落合、サンタクロース氏に惨敗。
いや、有る意味??
うんと、別の意味で圧勝ッ!!

ぬあ〜ん。

まっいいか!!
サンタさんは男前だもの。
負けを認めて再挑戦するのは
きっと男子の美学だった筈…

柚よ…待ってろッ!!
落合、君に相応しい男子になるからッ!!

佳奈ちゃん…安心してッ!!
落合、柚に相応しい男になるからッ!!

三浦嬢からプレゼントのマフラーを巻いた柚は
しっかり三浦色に染まり…
マフィアと化していました。

そんな貴女も素敵です。

何はともあれ
今回悪役の寂しさと
言い様のない罪悪感を知りましたが
次への新たな活力になったのは
言うまでもなく
柚〜まっちょってね〜!!!

別れ際に見せてくれた笑顔が忘れられません。

佳奈ちゃん、
今度は僕等がそっち行くっ!!!

そうそう
石山母子と再会した12月6日。
まんまと2日前ですが
7場構成の1日でした。

1場:オープニング。
   自宅待機、先輩待ち。
2場:吉村氏、再会。
3場:佳奈嬢と柚、再会。
4場:三浦嬢、モバイルツアー。
   兼、不思議呑。
5場:KG稽古場乱入。
6場:アブラメにて独身貴族会合。
7場:エンディング。
   帰り道散歩。

いつも1日マンツウ体制の落合。
1日の間で何時から何時までは誰と遊ぶ
という様なスケジュールは組まないので
やたらと濃い1日に感じました。

正しく濃縮還元。

1場は無視して…
てかこの時間に
前回の日記書いてたんですけど
2場からは
勝手に落合元気貰うツアーズな1日だった訳です。

久久かな??
吉村氏ね…
最高にね…あれでした。
意外と早い再会でした。
当分会えないと思ってたので
相当嬉しかったのですが
相変わらず??…意地悪でした。
あっいやぁ多分…イジワルでした。
本当はゆっくりしたかったんですけど
吉村氏色色大変らしく引き下がりました。
1生を前向きに考えれば
時間はまだまだありますからね。
生き急ぐ必要は無いのです。
宝物の息子を貰いました。
奇妙な顔も含めとても喜びました。
監獄の様な立ち話楽しかったです。

KGのお話はまたの機会に…

帰り道、
ある殿方から
待受画像に使いなさいと
画像付きのメールを受信。
実は落合、
何気に待ち望んでおりました。
これはリベンジメールです。

☆イキサツ☆
少しだけ過去のお話…

『おいっ!!待受画像は何で俺じゃ無いんだッ!!!!』

と攻撃されたので

『貴様の画像が“しっくり”が来ないからだッ!!!』

と反論しました。

☆マサシク☆
前回の日記で“しっくり”来なかった張本人です。

“しっくり”来なかった理由が明白だったので解説してきました。

『あれ俺の事だったのか…
 よし待ってろナイスな画像送るからッ!!!』

と高校球児並みの激青春なヤリトリが有りまして………

リバース。

スゲエッ!!!!
マジ送られて来たッ!!!!

その誠意とナイスさを買って
待受を変更しました。
早急に変えたらばすみまさん。
ジョ〜〜〜〜〜〜〜クッ!!!!!!!

なかなか素敵です。
とてもお気に入りです。

屏風浦ッ!!
本町四丁目ッ!!

部屋が横浜のニホイ。
愉快な宝物が増えました。

最高、満腹です。
by tsdiz | 2007-12-08 14:10