落合孝裕です。オチアイタカヒロって読みます。やりたい事します。


by tsdiz

<   2012年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ヘッドロココ。

脱ぎ散らかした部屋着だと思ったら舐めるなよ、落合さんの頭部です。
a0094455_643147.jpg

失礼。

少しだけ出てきました。
a0094455_6442465.jpg

あやし。

ねえねえ、どっちが上か分からなくなりませんか?

天地無用ね。

顔全部出してそして、
a0094455_6462194.jpg

ちょっと隠す。
by tsdiz | 2012-01-29 06:42

尻尾だか、左だか。

a0094455_15483843.jpg

最近は、ずっと耳を開放していたのですが、今日は音楽を持ち歩いています。

何か違うね。

今日は、五ヶ所程行くところがあるのですが、二ヶ所を除いて時間が決まってません。

のんびりです。

一ヶ所を大爆笑とともに経て、今、二ヶ所目へ。

その次から、到着した時間が約束の時間です。
a0094455_1549852.jpg

だからのんびり。
by tsdiz | 2012-01-27 15:40
a0094455_1246183.jpg

展示数の多さに驚きました。

ゴヤ氏のみで123点、驚愕。

これは額に入れないんざない?って作品まで、しっかり額に入ってました。

大切にされてるな。

にしても、角が多かったです。

展示数が多い上に額に入っちゃってるから仕方ないのだろうけど、展示の仕方が色色勿体無く感じました。

気になっていた作品と、実物をみて好きになった作品を、じっくりみれたので満足。

合わせて4点。

本当、可愛くて素敵でした。
タイトルが面白かったな。

あとね、常設展示!ここの好きなんです。

でっかい作品が多いから好き。

見応えあるんだもの。

久しぶりの上野をぷらぷらしたいとこですが、軽かった体が重くなってきちゃった。

よし、帰って少し寝よう。
by tsdiz | 2012-01-25 12:31

誕生日が、お揃いなの。

a0094455_10162592.jpg

告知が早かったので、始まるまでは早く始まれと思っていて、始まってからは中中都合が合わなかったゴヤ展に行ってきます。

ゴーヤー。

よっしゃ!今日行ける!って日がね、悉く月曜だったのです。

月曜日、休館なんよ。

落合さん今日はまだ寝てないので、テンション高いです。

てかね、今日を逃したら行けなそうだのと昼前のが空いてそうだので。

叫んだりしませんように。
by tsdiz | 2012-01-25 10:11

倉くんと。

何かほら、凄かったです。
a0094455_701995.jpg

僕らも変わらず。
a0094455_712310.jpg

何て言うか、ほら。
a0094455_721561.jpg

帰りも、美しかったなと。

あ、FASの新年会でしたの。
by tsdiz | 2012-01-24 06:58

ろくぶて。

beauty:beastって知ってる?

高校生の時、大好きでした。

他には、W&LTとか、VENTIとか、 Nemethとかばっか着てたな。

んでね、タンスから出てきました。
a0094455_727303.jpg

あの頃、お気に入りだったなと。
a0094455_72945.jpg

たしか、二年生だったなと。

甘酸っぱいやら、よく溜め込んでいたものだとか、思い出したり、考えたり。

とっていたことは、覚えてたんだけど、もう着用してないな。

あの頃は、世界が自分の物の様だったな…なんて思っていたっけか?どうだったろか?
a0094455_7332884.jpg

剥き出してた、てか剥き出してるね。
by tsdiz | 2012-01-23 07:24

一個一個寒いな。

a0094455_18484815.jpg

満遍なく寒い。
by tsdiz | 2012-01-20 18:48
何となく、理由が分かったのです。

パッサパサだからだったのではないか?と。

そもそも乾燥に滅法弱いのですが、ここ最近、雨らしい雨、
降っていなかったでしょ?

東京は昨日から待望の雨で、窓の外から久しぶりの雨音が響いていました。

無駄に出てきていた苦しみを伴う咳も、面白い具合に止みました。

今はと言うと、半分凍った雨がポシャりポシャりと、矢張音を響かせています。

窓を開ければ、白く光る氷の結晶が吸い込まれるように部屋に入ってくるので、とても可愛らしい。

遠くの外灯を見ると、充分雪の様に見えるのですが、手を伸ばして触れてみると、まだみぞれと呼んだ方が正しそうな気がします。

雨音もほら、べしゃりとしている。

あ、粒の小さい子は、しっかりと雪してる。

ハーフ&ハーフでしょうか。

寒さよりも潤いが勝って、とても過ごしやすい夜です。
a0094455_19164857.jpg

元気に近い模様。
by tsdiz | 2012-01-20 04:02

ドロップ。

僕は、実は半月ほど眠っていて、その癖に世はそれを無視して動かなかった為に、時差ボケを起こしたのではないでしょうか?

等と申し立てたところで、現在は1月です。

いい加減、諦めねばなりません。

とは言え、自分の時間が増えたのですから、何の不都合もなく寧ろ喜ばしいことなのですが、少しだけ悔しいのです。

これから半月ほど眠ってしまって、自信のある間違いを事実にしてしまおうかとも考えましたが、もしかすると次に起きたときに僕の体は3月で、しかも半月も意識なく眠るのは大層困難だと容易に想像できますから、おおよそ起きたときには矢張この世は1月なのです。

そうして、またリベンジと叫び、それを繰り返すかもしれません。

するとどうでしょう。

僕の体は、まだ1月という季節の中で、どんどんと月日を越えてしまうのです。

それは、とても自由なようで、きっと不便なことです。

困ったな、実に困ったな。

一体何が僕を2月に連れていったのかは分からないままですが、諦めるか馴れないといけません。

うわあ。

今、浮かび上がった1つの不安を言葉にしても宜しいでしょうか?

拒まれても、しますけども。

ようやくこの体が1月を獲得したとき、この世が2月になってしまったらどうしようということです。

おおいに有り得る可能性です。

世界を追い抜かしたと思ったら、置いていかれる始末。

ああ、もうどうしよう。

今日が何日かを確認したところで、体内の認識は未だに2月なのです。

そして、それが原因不明なので、もしかすると次の瞬間に12月に飛んでしまう可能性だってあります。

そうなってしまうと、もう逆戻りしたのか飛び越えすぎたのか悩んだあげく悩みづらいので、きっと寝てしまうでしょ。

そうして起きたときにはきっと違う月に行ってしまっているのです。

ここまで書いて分かったのですが、何だかこの現象を自分でややこしくしているような気持ちになってきました。

どうかもう考えない方が戻れそうです。

そうさ、今が何月だろうと、予定さえ間違わなければいいざない。

と、答えを見付けたつもりでしたが、本気で今が2月すぎて1月の予定を全て無視しそうだったんだ。

根本を見失うところでした。

危ない。

カレンダーに大きく赤で1月と殴り書き、過ぎていく日に×のチェックで済みますでしょうか。
a0094455_11134415.jpg

いいえ、熱で脳が溶けたのです。
by tsdiz | 2012-01-19 10:34
一昨日だか昨日だか、もう何時だかは定かでは御座いませんが、今月は2月だと自信を持っていたのです。

となると、来月は3月であることが疑いもない事実であるのですが、どうやら今月は間違いもなく1月のようなのです。

とても驚いたという現象だけが、確実な事実として、今、残っているのですが、何故そのような自信が発生していたのかは、理由も意味も見つかりません。
a0094455_6452728.jpg

途方もなく、不思議です。
by tsdiz | 2012-01-19 06:38