落合孝裕です。オチアイタカヒロって読みます。やりたい事します。


by tsdiz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

“落”アイ。

来ったぞ!!
来たぞ!!
落合青期突入です。
舞台の稽古期間に何やら訪れる。
このダークではない、なんやらブルーな気分がやって来てしまいました。

陥るのですよ。
一時。
症状としては、
何やってるんだか分からなくなり真っ白てか真っ黒、役として会話もままならなくなりもう全てがハテナ。役を見失うんです。だからといってガムシャラでは無く中途半端で気持ち悪いの。
最終的には上記要因により過剰な被害妄想に追われ更にパニック状態。
落合落ちる落ちる。
空気も何も読めたもんじゃないです。

共演者の方の暖かい支えが嬉しくて、ごめんなさいを連発しそうになります。
ああ全てが間違いですね。

こんな私的過ぎるマイナス要因は公表すべきでは無い筈です。
しかし!!この過程を皆さんに提示したくなったんす。
厭らしい意味では無くババンと。
マイナス要因としてでは無く準プラスとして皆さんに提示したくなったんす。

何故なら!!
落合この期間が抜けるとあとは上がり調子!!
繭から成虫への過程。

この状態とても嫌なんですが不安はありません。
今回頂いた役にも溢れる愛情があります。だから不安は面白いほどないんです。沸騰した水に素手で触れるのは恐ろしいけどそれが冷めれば容易に飲み干すことが出来ます。
今落合の頭は沸騰。
でも大切な沸騰。
だから着実に奮闘。

この時期をマイナス要因としてではなくプラスへの準備期間として進みます。
嫌だな早く抜けたいな。
良い意味で整理はせずに着実に落合に取り込みます。

でも気分は落ちたりしますのよね。

ビールが必要だ!!
溢れる程のビールが必要だ!!

よしっ!!
大丈夫。
# by tsdiz | 2007-05-23 11:37

S.N

故意にもたれかかったり
痴漢をしている訳ではないのですよ。

THE★前置

たまに感じる事あります。
電車内ただちょっと肩が当たってるだけでなんか物凄く不愉快になったり、その逆でやたら心地よくなったりする事。

全くの他人です。
パーフェクトな他人ですよ。

ぎゅうぎゅうの車内。
自分に面している人の顔も体も見えなかったりするのに何故だか体が拒否する。磁石の同極が反発するかの様に、もうその背中の誰かがいなくなるまでその嫌悪感は続く訳です。

『あっ!!』

落合ふと思ったんですよね。

『体の相性』

そうなんす。
アダルトさん達が良く口にするあれです。知人友人であれば、好き嫌いで触れられた時の感じ方も変わると思いますが、顔も性別も分からない他人。
おぉこれは体の相性の根元ではないだろうか!!!?とな。
限りなくピュアに近いフィーリング感想だろ?粉?
そんなこんなで今朝、電車内にて体の相性を実感したわけです。

落合握手好きです。
気持ちの良い握手が好きです。
握手の後の抱擁なんてもうシチュエーション的に素敵です。

眠気眼でも頭起きてなくても
相性ってのは敏感に感じれるとれるようですね。

ラララ。
LIKE A VIRGIN.
# by tsdiz | 2007-05-19 01:52

aruろはす。

人にやさしく。
地球にやさしく。
多分素敵な事だと思う。
切実にね。

落合はとても好き嫌いが激しいです。
そりゃぁもうハッキリしています。
「嫌いな人いなそう。」と言われる事が多々ありますが、
んな訳ないじゃろがぁ〜い!!!!
【好き嫌いが激しい】
このごく普通な物事を意外そうに思われる事が多いので、
自分的には何故そう思われないのかって事の方が意外です。
落合ねスゲエ分かりやすいんすよ。

好きか嫌いかに理由はなくて、もう本当に生理的な判断。

嫌いな人、物、事には自分を遠ざけます。
完全なる防御。マックス自己防衛。
おかげで平和。よろしい塩梅です。
あったまに照れてるからそのように映る事もあります。
忘れてはいけません落合は奥手。
あ、あと言い方的に
『キライ』はそうは思って無いときの言葉で
『嫌い』は本気言葉なイメージ。
あくまでもニュアンス。
必要。

ま、本気の事項には嫌いオーラが惜しみなく出てる
と思うので大丈夫であろうと感じます。
あら陰鬱。
嫌いな事を書いても仕方ないので好きなことを書きたいですね。
落合多分好きな人、物、事をとても大切にします。
ま、誰でもきっとそうなんだろうけど確信ないからさ。
遠回しな言い方です。

好きな人には何されても許せます。
というか好きな人には怒らないので許すという行事が無い。
っていうほうが近いかも知れません。
嘘。
言い過ぎました。
若干イライラする事はあっても大抵数分で回復します。
鋼です。
イワバ尻尾振る犬。
ねっ、分かりやすいです。

だから自分の周りにいる人達が
勿論イチブを除いてみんな素敵な人達で良かったな
とヒシヒシビシビシ感じます。

嫌いな人いなそう。
多分端から見た落合はある部分でとれば平和。
そりゃそうです。
だってとても平和。
でもそれは落合を支えてくれているみんなの御陰様。
この状況が当たり前にある事を勘違いせずに感謝を根底に過ごそうと感じます。

『好きなHやMが多すぎて見放されてしまいそうだ♪』

とある唄のワンフレーズ。

頷きすぎて首寝違えそうです。
# by tsdiz | 2007-05-14 23:49

JYA.回想。

某ボウボウで髭を剃り
ツルツル青々してます。
春です。

でもね。
春って言いづらい5月。
春って4月ってイメージが強すぎて
春って言いづらい5月。
では何?
GW!!!!!!!!!!
って素敵な語呂。

蛇ぁ〜が巻いたぁ
蛇ぁが巻いたぁ
5月5日に蛇が巻いたぁ♪

僕の地元には子供の日にお祭りをします。豊作祈願です。地区により異なりますが主に中学3年生までが参加して、出店などは一切ない地域独特の祭です。
竹の骨に藁の肉、シダが鱗の蛇を作り地域内を歌いながら練り歩くのです。その蛇の頭を中学3年生が担ぐという流れで下っていき幼稚園生が尻尾?を掴みます。なかなかの長さと迫力があります。

3と4日は蛇をつくり、5日は1日中地区内を練り歩くので地元の思春期達はGWをこの蛇祭りに捧げます。

立派に作った蛇も1日担いで歩き回るので終わりにはなかなか酷いことになっていたりします。えへ。

肩でしっかり担いでるとシダが顔にくっついてきてウザいから払うでしょ。
それでも被さってくるから引き抜くでしょ。
盛り上がるわけでもなく1日中担いでると手が寂しくなってきて藁をいじるでしょ。
なんだか目的も見えにくくて力一杯ムシリとるでしょ。
といった光景がアチラコチラで繰り広げられるので蛇の後ろにはゴミ袋を持ったお母様方がスタンバっています。
そりゃあ蛇もたまったもんじゃない祭なわけです。
僕の地区にはね神輿担ぐ祭ないんですよ。
今思えば蛇が神輿でしたね。
酸っぱい思い出が詰まってます。

そうそう、子供の日を男の子の日だと認識していた思春期の僕。
女の子の日であった雛祭りは男子禁制なのに子供の日という括りで5月5日にはしゃぐ女子を特に憎みはせづズルいなと思っていました。
ガキですね。
だからでしょうか?
幼少の頃、僕等は子供の日を男の子の日と呼んでいました。
そしてそれを正しい、正式なものと疑いもしませんでした。
最近全く聞かなくなってしまった【男の子の日】は男女平等化の面影ですか?

接客業を続ける落合はGWが休みだった記憶がありませんが、そんな事を気にせづGWを楽しむ人に楽しみを与えられるような素敵な仕事をしていたいです。
何処も混んでるだろうし。
この条件の人混みは苦手だし。

大人って何をもって大人なんだろ?
大人も子供も男子も女子も
詰まらない事言ってないで
素敵な日々を過ごしたらいいさ。
あの頃よりは幾分大人でしょ?

端午の節句ってなんかエロいね。

あっ今日もしかしたらゴムの日?
# by tsdiz | 2007-05-06 01:12

我が儘ボディ。

塚本さん好き?
好き!!好き!!
みたいなノリなのでしょうか?塚本氏良いです。

は?
そうですね。
『?』ですね。
自分勝手な約束に乗っ取って
本日は前回の下りで少しふれた
もう1つのエピソードであります。

江ノ島。
しかし、塚本淳也。

は?
そうですね。
『?』ですね。
はい、もう1つの江ノ島。
それは落合と塚本氏の
ロードムービー?でございます。

事の発端は
2006年
4月の午後
ぐずついた天気。
某劇団御用達の稽古場。
『自然につつまれたいよね。』
とは塚本氏の御言葉。
キーワード:海、山、空。
となるとどこだろう?

…あっ江ノ島。
…おっ行っちゃう?

…雨。
…明日晴れたら行っちゃおうか!!

『明日、晴れたら連絡します。』
この時点では落合と塚本氏、“まるで兄弟”とは言われても、稽古場で仲睦まじくても2人で突っ込んだ会話などあまりなく、2人で遊ぶなどありえない程の関係でしたので全く予想外の展開でした。はい、そうです。噂の奥手です。臆病にかまけて話したいのに話せない落合が発揮されていました。

…雨止むかな?

翌朝8時起床。
気持ちの良い青空。
おっ!!
雨男の奇跡。
落合すかさず携帯で発信。
10時、下北沢駅にて待ち合わせ。
みんなも誘おうかとの提案で他方向へ発信。
みんな用事がございました。
結局2人です。
おっ。

フィレオフィッシュとスーパードライを持って塚本氏登場。おはようございます。ご馳走様です。ラフ〜な格好でビア乾杯。ゴキゲンかつ勝手に緊張する車中。晴れの日万歳。江ノ島が近くなっていきます。話は絶えることなくガタンゴトン列車は僕等を運びます。

片瀬江ノ島。
余裕で到着。
セットのように気持ち良く降る雨。
あれ?
そう、朝復活した空を忘れさせてくれる雨降り。まっいっかと雨宿りを兼ねて駅前の素敵な定食屋で瓶ビア。自分の自分達の色色を話しているうちに不思議な共通項が見えてきて会話熱一気に加速。内容は内緒♪なんだか凄かったんですよ。むしろこの時間が良かったんですよ。教えないけど。ビアが呑み終わる頃には雨は通り過ぎ、なんだかとても仲良くなっていました。しかしまだ空は曇り気味。お店をでて島へ向かいます。

良い雰囲気。
人全然いない。素敵。
エスカーに期待を膨らまし、岩屋天井のエイリアンにえづき、素晴らしい順繰り。気づけば晴天!!雨で曇りで申し訳なさ溢れていた落合にとって本当に気持ち良く嬉しい晴れで、これこそ天晴れねとルンルン。

ッ!!!

えっ?
手がヒヤっ!!
あれ?
水滴?
どこから?
上から?
ドワーーーーーーーッ!!!!!!
戻ってきたーーーーッ!!!!!!
激しい雨!!
しかし快晴!!
天気雨!!
超爽快!!!
本当見事な通り雨!!
ん?
ん?
激しいぜッ!!!
ん?
んん?
激★スコール!!!?
退避。

急遽、雨宿りで入ったお店は素敵オーシャンビュー。
アイテムは瓶ビア+シラス丼+サザエさん。
海を一望できる窓際。
晴天の海に降る雨を高い処から見下ろすのは、
なんだか神様の目を借りた様な気分。
海の幸は美味しく、
瓶ビアも当たり前に美味しく、
雨も通り過ぎ出発の合図。シャランラ。

弁財天さんに挨拶をして午後からの稽古に向かいました。

この日が元で塚本氏とは本当の意味で仲良くなれた気がします。
今年はSORAとして江ノ島に行きました。

そうそう
江ノ島を下りている途中でね。
「落合の幸運色黄色らしいんですよ。」
なんてお話をした直後。

『幸福の黄色い御守り。』

という御守りが売っていてね。
これはきっと守られろって事だな…
それはきっと幸せにしてやるって事なんだな…と。
この時に『君の幸運色は黄色よ。』と御守りに話しかけられた気がして。
この1年間、文句も言わず ずっと僕の首にぶら下がっていてくれて、ずっと僕を守ってくれていました。こんなに御守りと一緒にいて、大切にしたのは初めてです。
色あせた黄色と、真新しい黄色。
2つの御守りにありがとうとよろしくの挨拶。
確かに素敵な1年で『ほらね。』とお守りも言っている様な…

タイミングとは大切で、偶然はときどき必然に似ていて1つ1つにきっと何かしらの意味があって…と素直に感じました。

この日の出来事。
必然だったのですかね?

何をするわけでなくともSORAになっちゃいましたしね。

この日があって今の自分があるのは確かな気がします。
きっとこの日が無くても
この様な日がやって来たに違いないけど、
この日は来るべくして来たんだろうし
この日で良かったなと常々思うわけです。
とても意味のある1日でした。
自分に都合良く言うとすれば
必然だったのでしょうね。

毎回毎回
何が言いたいの?
って感じですけど。
いいじゃない。落合のブログなんだから、
公衆の面前で思い出を記録させていただきました。

4月は江ノ島。
昨年と今年は、短期間に2度も行ったけど
面白いくらい異なる。
同じ土地なのに全く違う。
テンション全く別だけど双方素敵という点では同じか。

エンジョイとセンチメンタルの共存。
落合の中で全てを含め揺るがない土地。

気を抜いて万歳が出来る場所。

YES,乾杯♪
# by tsdiz | 2007-04-23 23:19

0416.

江ノ島好き?
好き!!好き!!
みたいなノリではありませんが江ノ島が好きです。

落合の東京ライフで欠かすことの出来ない思い出の地であります。

『星見えねぇな。』
なんて切なくなっていた上京仕様の落合は事あるごとに星が見たいと嘆いておりました。弱落合の最終形態とでも言えそうな小ささです。そんなあるサシ呑みの場にて、僕の教育係MK氏は東京から少し離れれば星バンバン見えるのではないか?と落合を江ノ島に誘ってくれました。もう落合ノリノリでね。もうはしゃいじゃった挙げ句、ヘラヘラモードでいたのですが結局同僚から呑みの誘いがきてしまい改めて4人で呑み始めてしまったんです。でその頃の落合どんどんヤサグレていくものだから同僚も心配をしてくれてさ。
『よっしゃ!!江ノ島行くぞ!!!!』
と言ってくれまして、朝方出発!!
勿論星など見えるわけないんですがね。ウキウキ。昼過ぎから皆仕事だったから限られた時間で色々遊び回ったわけです。とても濃かったな短時間で江ノ島、鎌倉をかんなり堪能しました。写真も撮りましたが今見ても輝く素敵が溢れています。確実な青春でした。帰り列車内で「多分来年はみんなバラバラだろうね。また皆で来れたらいいね。」なんて話てたら
『よっしゃ!!来年の今日、江ノ島で再会だ!!!!』
とね。
ありがちだけどね。
ルールは一つ。来年の同じ日に何にも決めづ各々が江ノ島へ来るだけ。
単純。
翌年の同じ日
片瀬江ノ島。
『誰にも会えないだろうな。』
なんて思いながら車内からホームへ。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なんと改札のベンチにMK氏は素敵な笑顔で座っていました。
とても嬉しかった。
とてもとても嬉しかった。
泣きだしそうなくらい嬉しかったです。
多分、落合気持ち悪いくらい笑顔でした。

少し話してバイバイしました。
来年の約束はせづバイバイしました。

それからは毎年、同じ日に1人で江ノ島へ行きます。
誰かと約束をしたわけでもないし、会う為でもなく。初心を忘れないように自分を戒める為に…嘘。ロマンチックが好きなだけです。
ビールを2缶買って東浜へ歩いていきます。ただでさえ自分の中でセンチメンタル満開な祭です。西浜に行くと夕日が沈むのが見えてしまい泣きそうになるんでは無いかと不安になるので避けます。もし大切な人と2人で行ける日が来た時の為、西浜はとっておこうと思っています。

最高だった上京して初めての仲間。
今も最高なのはこの密やかな儀式のおかげかな?とも思っています。

そんなこんなで江ノ島にはもう1つ大切なエピソードがあります。それはまた後日。

このたった1人のお祭りを東京にいるあいだはずっと続けていきたいです。
フォーエバー青春。

いえーい♪
# by tsdiz | 2007-04-16 23:58

四月物語。

『今日から時間が止まるんだよ。』
と4月1日に言われた為、4月1日のままだと思っていました。
だから今日も4月1日だと思っていました。
嘘です。
あら?もう10日、大変。
今年度という括りの1年はすでに9日も過ぎているね。

畜生、エイプリルめぇ。

そんなこんなで始まった4月は
3月末から引き続き引っ越ししてました。
まだ部屋混沌。
泥棒が入っても気付けない。
警察呼んでも入れない。
大丈夫、ゆっくり進むよ。

会う度に嘘をつく人に4月1日まで嘘つかれると、他364日間の嘘を許さなくてもよいと宣言された気になります。むしろ4月1日こそ許さないぜとか思い始めます。

いいんだよ。
楽しいしそういう日だし面白いから。
でもね
『お前には無力な祭だからな。』
と声にはしませんがしっかり思います。

エイプリルフール。
きっと日々嘘なんてつきませんって方々が嘘ついてこそ実力を発揮する祭。
今年はJ氏よりとても素敵な嘘を喰らいました。
気持ち良い位驚いたし、ムカつく事の無い素敵な嘘でした。

冗談ってば嘘のズルいverだよね。
冗談ってば嘘をつきなく無い人の嘘だよね。

昨日、通り雨がやって来ました。
晴れていて雨が降ってびしょ濡れで。
もうビックリしたけど落合的に4月のイメージでなんだか素敵で。
好きな映画を思い出しました。

眠いよね。
季節が眠い。

虹がでていました。
これは本当。
豚が飛んでいました。
これが嘘。

4月1日ではないのですが、今日はそんな気分です。
# by tsdiz | 2007-04-10 21:35

桜生。

帰宅をしたら坊主頭が土下座をしている。
彼の横にはビールケースが積まれていて
部屋にはそれ以外何もない。

1年前
2006年春
桜満開の町田。
某劇団稽古終了後、そのまま数名で箱根へ。
ノリで、ノリノリで、出発。終電で『GO!!箱根!!!!』到着するなり寒い。
極寒。マフラー、コート完備で『寒い、寒い』と本気で言っていたことを思い出します。やっぱり今年は暖かいな。夜桜がキレイでした。旅館は全て断られました。結局小田原までタクりスパ銭へ。ゆっくりつかって美味しく乾杯♪もうとても素敵な時間。日が登れば小田原城へ象のG行為に爆笑。桃太郎発見。東京へ帰還。

I氏と箱根から引き続き代々木公園デイト。
花見客、良天気。
春だな…
I氏が携帯から空っぽの部屋の画像を見せてくれました。
『友達が引っ越したって』
春だな…

桜ヒラヒラで
もう本当春色で
ルンルンで
ルルルルル…
RURURURURU…
電子音。
あっ誰かが呼んでいる。
携帯を開くと大家からの着信。
『△※○●xiiyz ゴラァ!!!!』
?????
え〜〜〜〜っ??????
とりあえずI氏と自宅へ向かう。
帰宅中の電車内も『???』で頭がイッパイ。
あのヒステリック大家またなんかしやがったか?
と、ブツブツブツ…

自宅前に着くと何やら様子がおかしい。
ぬあっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
玄関へ急ぐ、超短距離ダッシュ!!!!駆け込む!!!!
目に飛び込んできたのは坊主頭。
へっ???
『ごめんなさいっ!!!』
はっ???
『すみませんでしたっ!!!』
はへ???
『お誕生日おめでとうございますっ!!!』
あ、あっあざとさりまりあーす!!!
と言いそうになる頭を抑え何故か
『お疲れ様っす!!』
と返事してしまいました。
えーっと。
『ありがとうございます!!!』

坊主頭のO氏は本当に申し訳なさそうな顔で頭をあげると
爆笑しながらJ氏とL氏がカメラ片手に『おめでとう!!』
ん?ん?は?へ?
もうパニック。
なにがなんだか分からない。

もう『?』の嵐。とりあえずゆっくり整理したいのだが頭が回らない。
帰宅した。人がいる。カラッポ。空っぽ。空っぽ。何も無い。正確には僕の物が無い。空っぽ。3人の男子。大量のビール。空っぽ。お誕生日おめでとう。空っぽ。空っぽ。空っぽ…

とりあえず「何で空っぽ?」
3人の男子は答えます。
『サプライズ』
大成功です。
つづいて「部屋の中身は?」
『お庭へ移動しました。』
お疲れ様です。
では「何故O氏は謝っているの?」
『大家に見つかり、こっぴどく怒られました。』
御愁傷様です。
どうやら見つかったのはO氏のみで、素晴らしく凹んでおりました。本来の計画では真ん中にビールが積まれているだけで何も無い部屋に帰ってくる落合という構図だったらしいのですが、突然のトラブルでプラス坊主頭土下座が加わったようです。
聞きたい事は沢山あるけれどアワワアワワ。
パニックってこういう事だね。

………あっ!!!!!!!!!
「どうやって家に入ったの?」
『その術を君は知らない。』
はぁ…
『まっこれを見たまえ。』
ビデオカメラから流れる奇怪な映像。稽古に励む僕を背にピンクリュックから取り出した鍵をソロリソロリ持ち出すI氏とL氏ニヤリニヤリと稽古場をでて鍵屋へ。悪い笑顔で複製完了。……凄いな。
『当日、鍵がちゃんと使えるかこの前呑んだときにちゃんと確かめました。テスト済みです。』
はへっ?
…I氏とはちょくちょく宅呑してまして、僕途中で寝まして、起きると既にI氏いなくて、玄関の鍵は何故かかかっていまして…
『ちなみに代々木公園で見せた空っぽの部屋はズンの部屋だよ。』
ぬおっ!!!!!!!
全然気付かなかった。ちなみにズンとは僕のことです。

それから皆が家に来て宴。
O氏特製もんじゃ焼きとビールで最も強い誕生日は天晴れ幕を閉じました。

前日の『GO!!箱根!!!!』も落合を家に寄せ付けない計画だったそうです。そう考えると色色とおかしな事が思い当たり始めましたぞ…と、もぞもぞ考え始めるとアララ…兎に角、こんな誕生日は始めて。多分一生忘れない。自分の為にこんなに頑張ってくれた皆様に感謝感激。もう本当にたまらなく嬉しかったです。

あれから丁度1年。
なんだか懐かしい。
まだ全然忘れてない。
この様子を記録したビデオをくれるって言ってたけどまだ貰えてない。
しっかり覚えてる。
ショートムービーも入ってた。
ちゃっかり覚えている。
呑んでた時間はあまり覚えていない。
ある意味正常。
致し方ない。

今日は雨も降ってくれた。
その後ちゃんと晴れてくれた。
良い始まりの予感。

今年の僕の部屋は、空っぽにはならなかったけど引っ越し準備中。
今年の僕の誕生日もとても素敵に過ぎて行きました。
友達って本当に素敵。

父さん、母さん、桜がキレイな日に生んでくれてありがとう。
気がついたら僕は既に生まれていて、いつのまにか24歳になっていました。
これからも素敵な人生を楽しく生きていくから、
今までありがとう。
これからもおりがとう。
みんなみんなありがとう。

HBTY!!!
勝負ッ!!!!!!
負ける気がしない。
# by tsdiz | 2007-03-30 23:24

JKL5。

カジュアル
フライディ
イン五反田。

ですが、
すっかり忘れてました。
きっちりスーツですよ。
ノータイですが。
初経験を逃しました。
畜生。
コスプレリーマン。
満員電車には未だに慣れません。

白い壁、狭い室内。
スーツ、スーツとは言いつつ、実は毎日ビジネスカジュアルでも良さそうなんです。ビジネスカジュアルがどこまでカジュアルで良いのか皆目見当が付きません。が、かなりの確率で えっ襟さえあればいいの?何?無くても良いだって!!てかスウェットじゃん!!!!的なノリなんですけど。ああ分からない。革靴って蒸れるね。慌ただしい朝 服を選ぶ手間を省くためには今日もやはりスーツになってしまいます。今日はパッチ穿いてません。春です。小春日和です。窓の外には輝く日差し。あくまでも木陰は光あっての木陰です。カゴノナカ。外に出たい。

暖かいのは良いこと。生活しやすいし怪我しにくいし。でもやはり季節に見合った温度ってある訳なんです。まっ今は花見日和あいまって暖かい方が嬉しいですけど。コートいりませんでした。

先日までは、
『暖冬、暖冬言ってても結局冬は寒くて嫌だぜ!!』
などとほざいていた落合ですが
ヤバいんですよ。
地球が。
助けて下さい。

今のままでは30年後に夏50℃ですって。
世界の気温が後プラス2℃上がったら戻せないんですって。
現在既にプラス0,3℃、予想外ですって。
プラス3℃で各地で天変地異予測、
蛙もケロケロ言えなくなるそうです。

凄い不安になってしまいました。
凄い不安になってしまいました。
凄い不安になってしまいました。
凄い不安になってしまいました。
凄い不安になってしまいました。

もう、なんかパニック怖じ気づきそうです。戦争なんてしてる場合じゃないよ。喧嘩なんてしてる場合ではないよ。ちょっと間違いの多い偉大なる人類は今後地球といいつつ自分をどう守るんでしょうか?

あああ。

でもさ、来るときには来るし、
起こってしまうものは起こるんだよね。
逃げ場はないんだよね。

地球の環境って自分が生きてる間は全然問題なくむしろ自分が死んだ後も大体問題なく運営されていくと勝手に安心してました。

F氏がね。
『地球がリセットしたがってる。』
って言ったのさ。

そうかもしれないなって思った。
邪魔だよね。人類。

地球に住まわせていただいてる位の謙虚さが必要だったのか。
自分達が運営していると勘違いしてしまったのか。
自分達各々を正義だと思い込んでいたのか。
はてさて?

こうなるまで気付けなかった。偉大なる人類が作ってしまった数々のもの。とても便利でとても楽しい。今から無くしたらとてもじゃないけど生きていきずらい。当たり前にあったものが無くなるのはとても不便で不快な事。多分このまま突き進んでしまうんですよね。

ECO、落合意識低いからな。
こんな大層な事言っておいて高いレベルで偽善者です。
出来るだけ小さくても無理すぎない事を頑張ろうとユルク意識する事しかできませんでした。

地震も迫ってるそうですね。
ほぼ100%東京に大震災来るらしいです。
阪神大震災を経験したF氏に本日その時のお話を聞いて、多方面から恐怖が押し寄せて来ました。戦争も震災もない安心な世界で仲の良いみんなと楽しく暮らしたい。都合良いけど本気で思いました。
ズルイですね。
臆病ですね。

だからさ、もし明日自分が終わっても『悔い有りまくるけど楽しかった。』って
掘り下げまくっても多少は思えるように生きていきたいと切実に思いました。
ネガティブになってもポジティブに生きれる様に。
落ちやすいからさ。
落ち過ぎてあがるからさ。

『ミライさん、地球を守るにはどうすればいい?』

絶望的な答えを予想しつつも
ちょっと聞きたくなるわけです。
# by tsdiz | 2007-03-23 23:17

ミス。

暖冬。
暖冬。
なぁんて言ってたら冬がキレて巻き返そうと躍起ですね。
ばーか。ばーか。
失礼。
寒いのは嫌い。

先日、某集会にて『M』について話していたわけですよ。演劇界が誇るドエムと噂のKS氏と、畏まらず極自然に。KS氏のM観念面白かったな。自分では巧く伝えられないから伏せとくけれど、やっぱり人によって様々な感じ方があって共感であったり驚きであったり発見であったり。もうそれぞれ楽しい。実りの時間。
『M』にもまた色色あると思うんすよね。多分自分だったら何となく『m』。んでKS氏は艶のある感じで『えむ』あっ『エム』んん、いやいや『えむ』。いいな。もうエムアンドエムズ。お手軽。あっあくまで落合ジャッチ。
そんな話を真剣にしていましたらMN嬢が言うんですよ。
『でも素でSの時とかないの?』
!!!!!!!!
!!!!!!!!
!!!!!!!!
ぬぁっ!!
何気に衝撃!!更に深みにハマっていくわけです。んで、やんや♪やんや♪言ってるうちに
『また1つお利口になりましたね♪』
的な…んん、まっ頭良くなっちゃう訳です。なんか違うか?構わない?良いよ。兎に角、とても楽しかったわけですね。

今までの人生、18歳までは百発百中『お前はM!!』みたいな言い方をされてました。んがっ19歳を過ぎた辺りからチラホラと落合を『いんや、テメェはSだ!!』とMK氏を筆頭にやたら主張する輩が増えて参りまして、落合は2つの運命に揺り動かされるわけです。

MK氏の御言葉。
『うせやん!!たかちゃん絶対Sやってぇ!!』

G氏の御言葉。
『落合君、究極のMはSにもなるんだよぉ。』

もうさ、弾けそう。
弾けて混ざれ。
ツァッ!!!

例えば好きな人がいてその人が自分に強気つまり『S』を求めているとする。その人の喜ぶとこが見たいから素で『S』になるってのは結局『M』な気がするんですよ。だって望まれたから『S』になるってとこがさ引っかかるわけ。それは『S』な自分を喜んでるのではなく相手の望む事に柔順な訳だからさ…と思う次第ですよ。どうでもいいですね。
自分はどっち?
貴方はこっち?

“M”is“S”
結局は『M』であろうが『S』であろうが、楽しければ全て万歳な筈なんです。

紅葉が見たいな。
コウヨウガミタイナ。
手遅れ、きっともう春。

強く生きる。
勝手に思うのも自由な訳です。

ぱふぇ。
# by tsdiz | 2007-03-16 01:27